楽天 お買い物マラソン開催中!

2018年06月29日

西野監督

サッカー日本代表にW杯の2か月前に就任した西野監督。元々、日本サッカー協会の技術委員長で、ハリルホジッチ監督のサポートをしていた人です。もちろん元日本代表のサッカー選手ですし、ガンバ大阪や柏レイソルなどでタイトルを獲得し、Jリーグで最多勝利数を誇る名監督です。


その名監督が選択したポーランド戦終盤の采配が議論を呼んでいます。日本とセネガルはグループリーグ最終戦で、どちらも相手に1点リードされてて、勝点、得失点などが並んでいました。


唯一日本が有利だったのが今大会から採用された「フェアプレーポイント」。警告や退場など、イエローカードやレッドカードの少なさです。西野監督はポーランド戦の途中で、セネガルが1点リードされていると知り、日本代表に攻めないことを指示しました。つまり、ポーランドに0-1で負けることを選択したのです。


これは究極の選択で、もしセネガルが同点に追いつけば、大きな後悔をすることになります。今大会はビデオ判定も採用されてPK(ペナルティキック)もロスタイムも増え、ロスタイムでの得点も増えていたので、なおさらリスクは高かったと言えます。それでも冷静な判断で攻めない決断をし、西野監督自身だけでなく選手が観客やマスコミから非難されるのも承知の上で行った大胆な他力本願の采配です。


「フェアプレーポイント」で決勝トーナメントに進むこと自体はルールなので何も問題は無いのですが、先に書いたようにセネガルが1点でも得点を取ると立場が逆転するのに、その可能性が低いことを冷静に判断したことになります。グループリーグの目的は決勝トーナメントに進むことなので、その目的を達成するためにあえて不本意でも、恥を忍んだ采配をした点がすごいと思います。


posted by トシ at 14:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フワフワ日記」の先頭へ